頭皮のにおいが発生してしまうのには理由がある

きちんと洗っているのに何故?

頭皮のにおいは、毎日しっかりシャンプーしているにも関わらず発生してしまうケースがあります。
その原因は、主に雑菌の繁殖によるものだと言われています。
においが発生するのは、汗や皮脂などから起こるものだと考えられがちですが、実はこれらの成分自体ににおいはないのです。
汗や皮脂などから繁殖した雑菌によって、においの元となるガスが発生します。
そのガスこそが頭皮のにおいの原因となっているのです。

冬は特ににおいが発生しやすい

頭皮のにおいが発生しやすくなる時期は、意外にも冬だということが分かっています。
その理由は、頭皮の乾燥にあります。
冬は、気温が低く空気も乾燥しています。
それに伴い頭皮も乾いてしまい、皮脂の分泌量が多くなる傾向があります。
皮脂が必要以上に多くなってしまうと、毛穴に汚れが溜まってしまい雑菌が繁殖する原因を作ってしまうのです。
また、身体を暖めるために身に着ける帽子などの防寒具もにおいを発生させてしまう要因となります。
生地が分厚くなっているため、においが内にこもってしまい一層強く感じるようになってしまうのです。

年を重ねるごとににおいは出やすくなる

年齢が上がるにつれて、気になるのが加齢臭というものです。
加齢臭で最も症状が強く出やすいと言われているのが頭皮です。
特に40代を超えると発生しやすくなるという特徴があります。
加齢臭が発生してしまう原因は、実は雑菌によるものがほとんどです。
人間の皮脂には、年を重ねるとだんだんヘキサデセン酸という成分が増えていきます。
この成分は脂肪酸の中の一つであると言われ、頭皮で分解されるときに通常よりも異常なにおいを放つのが特徴です。
それこそが加齢臭の正体なのです。
年を重ねるごとにこのにおい菌の数は、とても多くなります。
その数はおよそ数百種類にも及ぶと言われています。

頭皮のにおいを改善するには

頭皮のにおいは、自身でケアをして防ぐことができます。
簡単にできるにおいケアに効果的な方法をいくつかご紹介します。
まずは、シャンプーでにおいを防ぐという方法です。
使用するシャンプーには、抗菌作用があるシャンプーを選ぶといいでしょう。
抗菌作用のあるシャンプーを使うことで、においの元となる雑菌を排除してくれるという効果が期待できます。
そのほか、消臭効果があるシャンプーもおすすめです。
消臭効果のある成分として人気を集めているのが、フレーランというものです。
この成分以外にも、ヒノキやラベンダー、ユーカリ、ローズマリー、ペパーミントなどといったものも高い消臭効果があります。
またシャンプーをする際は、洗い残しをしないことがとても大事です。
きちんとすすがないとシャンプーの残りが毛穴に詰まってしまい、雑菌を繁殖させる原因となってしまいます。
シャンプーをするときは、しっかりすすぐように心がけましょう。
そのほか汗をかいたらこまめに拭き取ることや、化粧水などで頭皮の乾燥を防ぐことなどといったケアを行なうことで、頭皮のにおいは抑えることができるのです。

シャンプーとセットでオススメなのが、透輝の滴です!50代の人でもシワのない綺麗な肌を目指したいと思うなら一度使ってみる事をおすすめします!

No comments yet

leave a comment

*

*
*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>